次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

ボストンマラソン爆弾テロ事件の被害者が、彼女を救ってくれた消防士と婚約

ニュース

ボストンマラソン爆弾テロ事件の被害者が、彼女を救ってくれた消防士と婚約
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

ボストンマラソン爆弾テロ事件の被害者が、彼女を救ってくれた消防士と婚約

ボストンマラソン爆弾テロ事件 

ボストンマラソン爆弾テロ事件(ボストンマラソン ばくだんテロじけん)とは、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンにて、第117回ボストンマラソンの競技中であった2013年4月15日14時45分頃(現地時間)(日本時間16日3時45分)に発生した爆弾テロ事件である。


ボストンでは第117回ボストンマラソンが開催されていた。ボストンマラソンはアメリカ3大市民マラソンに数えられる大会で、国内外から多くのランナーが集まっていた。そのレース中、ゴール付近のコプリー広場(英語版)で2度爆発が発生、その際に3人が死亡、282人が負傷したと報じられている[

出典 http://ja.wikipedia.org

出会いはテロ現場

ボストンマラソン爆破の後、ローザン・スドイアの人生は永遠に変わりました。
当時、ゴール近くでランナーたちが来るのを見ていました。
その時、最初の爆発が起こり「ストリートに逃げろ!」という叫び声が響きました。
彼女は、ストリート側とランナー側との間のバリケードを乗り越える事ができませんでした。
そして、彼女は、2つ目の爆弾が入っていたバッグに足を入れてしまいます。



消防士のマイク・マテリアはローザンが病院へ搬送される間、彼女の手を握っていました。
彼女は彼に、「私は死ぬの?」と言いましたが、彼は、「大丈夫だ」
と答えてくれました。

彼女は重傷を負い、最終的に右足を膝の上で切断する結果となった。
マイク(37歳)は、彼女が回復する間、いつも見舞いに行っていました。
彼にとっては、ローザンの痛みのため、それほど素敵な出来事ではなかったかもしれない。
今では、二人で笑う事ができるし、モルヒネのせいだね。とも言え’るようになりました。

二人の絆が深まる

二人の友情はすぐに深まり、
彼女は、彼の事を「とても親切で思いやりがある人だわ」と気持ちが傾いていました。
2013年の6月、二人は最初のデートに行きました。


12月4日、マサチューセッツ州ナンタケットへの旅で
博物館のデッキで、にマイクは、プロポーズをしました。
犬の首輪に特別なタグをつけて。
そのタフには、
“Mike wants to know . . . If you’ll marry him.”


そんなこれ以上ない、ロマンチックなプロポーズを受けて、
10月か11月頃には、小さな結婚式を挙げる予定です。

本の出版へ

彼女は、2017年3月に
“Perfect Strangers”
「完璧な見知らぬ人:ボストン年の最悪の日の後の友情、強さと回復」  

という本を出版します。
これは、
爆弾テロによって、交錯する4人の人生について、
書かれたものです。

素敵な、お話でした。


ローザンさんは、
「私たちはその時に結束することができただけだ」
とも語っています。


見知らぬ人でも、
逆境こそ助け合い励まし合う。
という事が大事ですね。

all photos © Courtesy of Roseann Sdoia

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法